入局を考える方へ
今泉亀撤賞
お知らせ

●ある医局員の声

後期臨床研修医日記
PDFダウンロード[1.6MB]

●研修プログラム

岩手医大眼科への入局を考えている方へ

 眼科学は、外科的・内科的な視点の要求される学問です。岩手医大眼科では、眼科専門医を目指す専門(後期)研修医に対し、質の高い充実した専門研修医教育を提供できるように努めています。質の高い充実した研修を実現するためには、優れた研修プログラム、岩手医大内及び関連病院での研修環境(設備)、国内外の施設との交流、臨床・基礎研究環境の充実が大切と考えています。


I. 研修プログラム

専門(後期)研修医は、初めの2年間は大学内に所属し、基本的な眼科診療を身につけます。岩手医大眼科の特徴は、専門(後期)研修医教育を大学病院と週1回出張する関連病院と2つの異なった環境で同時に教育していくことです。大学では、眼科指導医・専門医の指導の下、さまざまな症例や最新の診断技術・治療法を経験するとともに、クルズス・ウエットラボなどを通じて研修を行ないます。ただ、臨床が充実している大学病院ほど多くの患者さんが訪れ外来患者数・手術件数も多いため、診療の時間的な制約も多く、なかなか専門(後期)研修医自身にまで処置を行わせたり、手術を執刀させたりする時間的余裕がないという共通した悩みがあります。岩手医大では、この点を少しでも解消するため、時間的な余裕がある関連病院に週1回は指導医とペアを組んで出張させ、その関連病院で上級医の指導の下、研修医が自分で外来診療・処置・手術を行える体制を作っています。2つの異なった環境での研修を組み合わせ、その長所を取ることにより、より適切な研修環境を準備しています。 2年間の専門(後期)研修の終了後は、基礎研究大学院生として研究主体の2年間をおくる場合を除き、ある程度の診療ができるようになると関連病院へ常勤医として出張し、眼科一般の診療を行ないます。この間、自分の興味のある眼科専門外来を順次選択し、将来の自分の専門を探して行きます。そして、約2年程度の関連病院を終えると、眼科のなかでの専門分野の研修に進みます。

A. 初めの2年間の専門(後期)研修プログラム

 さまざまな研修プログラムを充実させ、自然と実力がつくような研修環境を目指しています。

1.病棟受け持ち医制度
 入院患者は、各専門外来の担当医が主治医として診察・治療にあたります。各専門(後期)研修医は、それらの主治医とペアを組み受け持ち医として主治医の指導の下に診療に当たります。主治医と専門(後期)研修医の組み合わせは、特定の疾患に偏らないように配慮され、さまざまな分野の専門医からそれぞれの疾患について研修をします。

2.症例検討会(毎週水曜日6時)
 水曜日夕6時よりこらからの1週間で行われる症例の検討とそれまでの1週間で行われた手術が実際にどうであったのかの検討がなされます。この症例検討を通して、診断の行い方、疾患の考え方、その疾患に対し学会ではどのような点が問題とされているのか、岩手医大がどのように取り組んでいるのかなどが解ります。この模様は、岩手県情報ネットワークシステムを通して、県内の主要な県連病院には双方向通信され同時中継されます。関連病院で困った症例がいた場合にもこのカンファレンスで診断・治療方針などが討議されます。 
       
3.カルテチェック(第1,4土曜日朝8時より)
 准教授が病棟カルテを中心に、カルテをチェックします。受け持ち医である専門(後期)研修医にカルテの書き方を指導することから始まり、なぜその治療法を選んだのか、検査のデータはどのように解釈したのかなど質問していきます。それぞれの主治医から受ける指導とはまた別の視点でチェックが入り、いろいろと勉強になります。

4.クルズス(各専門分野の勉強会月1,2回)
 専門外来担当医が、専門(後期)研修医向けに講義を行います。基本的な知識から学会の最新情報などが提供されます。

5. 関連病院への非常勤出張
 大学在籍の研修医や常勤医が週1回、関連病院に出張し、外来診療や手術治療を行うシステムができています。まだ十分な経験のない専門(後期)研修医に対しては、常勤医がいる病院、または、大学の眼科専門医クラスと一緒に出張し、外来診療からレーザーなどの処置、白内障を中心とした手術の指導を受けます。時間のない大学での研修では、なかなか研修医に十分な時間を取って、実技を指導することは難しいですが、出張病院では時間的な余裕があり、マンツーマンの実技指導ができます。白内障手術は、専門(後期)研修医では、1年間でおおよそ80件程度の手術を術者として経験することが可能です。

6.ウエットラボ
 顕微鏡手術の実際を体験し、マスターするためにウエットラボが開かれます。ウエットラボは、大学から徒歩10分くらいのところにあるウエットラボ室(常設)で行なうほか、医局内でも不定期に行なわれます。

7.その他
 外来講師を招聘しての講演会、研究連絡会などが行われます。

B. 関連病院への常勤出張とその後

 眼科入局3から5年目、一人である程度の診療が行なえるようになると、常勤医として外病院へ2年程度出張します。この2年間は、眼科一般の臨床を中心に身につけます。さらに、週1回自分の興味のある専門外来に通い、その分野の知識を深めます。学会発表、専門学会への参加などを行い将来の自分の専門を探して行きます。そして、2年程度の関連病院を終えると、大学へ戻って専門分野の研修に進みます。多くの基幹病院と、大学カンファレンスルームとは、岩手県医療情報ネットワークで連携されており、双方向通信によるTV会議、症例検討などが行なわれます。

II. 研修環境

A.岩手医大眼科の臨床実績

 眼科は臨床医学であり、その研修には臨床の現場が重要になります。特定の分野に偏らない多数の患者の診療に関わることが基本と考えています。そのためには眼科の各分野の専門家が、充実した最新の診断・治療機器を駆使して治療にあたっていること、他施設の専門外来との交流を深めることが大切になります。幸い多くの患者さんの御支持をいただき、ここ数年手術件数などは、東北地方では1,2位といわれるくらいまで増加しています。また、平成17年より診療機器の拡充を行い基本的な診療機器である細隙灯顕顕微鏡の更新・増設を初め、OCT、前眼部OCT、局所ERG、MP-1、白内障手術装置、硝子体手術装置など主要な機器はほぼ最新鋭の設備となっています。

B. 岩手医大の研修設備

1.電子カルテ
岩手医大は、電子カルテで運用されていますが、眼科には部門システムがあり、カンファレンスなどの症例検討では、有効に利用されています。院内どの端末からもアクセスが可能で、研修に役立っています。

2.手術中継
 医局の50型TVには、手術室全体、各手術顕微鏡の映像がリアルタイムで中継され、医局にいながらにして手術を勉強できます。

3.専門(後期)研修医・助手部屋
 決して広い十分な環境とはいえませんが、20人分の机が用意されています。

4.医局図書
 眼科の図書は、特に洋書は高額なものが多く、個人で所有することが負担になる場合があります。できるだけ最新の図書を、和洋とも用意するようにしています。

5.当直室
 快適な睡眠は、翌日の充実した活動に欠かせません。当直医は、夜間に起こされ、なかなか十分な睡眠の確保が難しいですが、せめて快適な睡眠が取れるように、シモンズ製マット、テンピュールのマット、羽根布団などを揃えています。

C. 休暇など

 仕事を効率よく行なうためには、休暇やリクリエーションは非常に大切なものと考えています。

1.休暇
 原則として約2週間の休暇があります。基本的に、大勢が集中しないのであればいつでも取れるようになっています。そのほか、新婚旅行休暇などがあります。

2.リクリエーション
 基本的に自由参加で、バーベキュー大会、花見大会、スキー・ゴルフなど年に数回開かれます。

III. 国内外との交流

 岩手医大眼科は、岩手県における最終病院として、ほぼすべての疾患に対応できる幅広さをもっていますが、その分各専門分野あたりの構成人数は決して多いとはいえません。従って、他施設との積極的な交流が専門分野を発展させるためには欠かせません。東京や関西などの大都市圏の専門性の高い大学や病院との交流を積極的に行なっています。

A.大学間交流プログラム

 慶應義塾大学眼科学教室と連携を組み、相互の交流を行なっています。例えば、慶應義塾大学の関連施設である国立成育医療センターへ、平成21年4月よりこのプログラムにより岩手医大眼科助教が、小児眼科を学ぶために2年間の研修に行きました。

B.海外学会への参加

 医局員が定期的に参加している主な海外学会は、4月ARVO、ASCRS、9月ESCRS、10月AAO、ISERなどで、このほかにもさまざまな海外学会へ積極的に参加しています。

C.国内外留学・他施設との交流

 臨床分野では、自身の専門分野が決定し、ある程度の臨床経験(短い人で半年程度)を積んだ後、専門分野をさらに深めるために、国内外へ留学します。


III.研究・大学院・学位について

 基礎・臨床を問わず研究を奨励しています。研究は学位に結びつく研究ばかりでなく、臨床を行なう中で感じたさまざまな問題点を別の視点から検討していくものです。手術の合併症を検討するようなものから、網膜内情報伝達機構を解析する研究、白内障の成因を検討する研究などさまざまなものが行なわれています。日常の研究は、臨床・教育と並び大学の大きな使命であるとともに、良き臨床家になるためには欠かせない視点であり、大きな研究から小さなものまで積極的に応援しています。
 臨床医師として専門医と学位がよく比較されますが、岩手医大眼科では、どちらも目的ではなく結果であると考えています。よりよい臨床研修とその結果としての臨床の実力が専門医に、さまざまな日々の研究が学位へ結びついていきます。
 大学院ですが、学位を取るためには必ずしも大学院に入学する必要はありません。ただ、岩手医大には社会人大学院制度があり、臨床を行なう初期研修医期間や専門(後期)研修医期間を大学院生として過ごすことが可能です。最短では、卒後4年終了時(専門(後期)研修2年修了時)に学位を修得することができます。学位を希望する人には、良いコースであると思います。学位のテーマは、基礎的なもの臨床的なものどちらでも選択することが可能です。

IV. 女性医師へのサポート

 女性医師は、医師を継続する中でさまざまな選択を迫られることがあります。我々の教室では、可能な限り女性医師が医師としての仕事を継続できるように、配慮しています。短期間のお休み、フレックスタイム制の導入、子育て期間の診療応援体制などさまざまなものを用意しています。
 例えば、小さな子供がいて、なかなか家族(祖父母など)からのサポートが得られない場合には、そのような環境の女性医師同士がペアを組み2人1組で関連病院の業務を行なっています。そうすることで急に子供が熱を出しても子供の下に帰れる様になります。また、子育て期間は、大学勤務をフレックスタイム制にしてカンファレンスの出席なども免除しています。1人の医師であること、妻であること、母であること、どれもが重要なものとして、その時々の重みは異なるにしても、どれも大切に失わないよう応援いたします。